Interior 〜 Simple Living High Thinking 〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
6と7の架け橋 21:33
0

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    新書・藍の書が届いてから、

    めずらしく、一気に読んでいっている、辻麻里子さんの本たち。

    その藍の書、22を超えてゆけ、に続いて、

    6と7の架け橋
    読みおわりました。

     

    どれも面白いのだけど、

    6と7の架け橋は、

    不思議なシンクロが続いて、本当びっくりだった!

     

     

    わたしがずっと「ガイド」だと思っていたのは、

    実は 未来のわたしなのかもしれない、とか、

    ミクロとマクロの反転とか、

    ゼロポイントのチューニングとか、

    なんだか腑に落ちることがいっぱいあって、

    この宇宙の仕組みをわかりやすく語りかけてくれている。

     

     

    (*´艸`*)

     

     

    季節の幾何学模様とか、素晴らしい!

     

     

     

    出会いほど、素晴らしいものはないな〜と思う。

    昨日の出会いもそう。

     

     

    この地球には「敵」なんていないんだ〜って話をしていたのだけど、

    本当、「わたし」がジャッジしなければ、

    世界はただ「在るもの」で、

    そこは素晴らしい世界なんだ。

     

     

     

    そういうことが全部、この本にはつまっている。

     

     

     

    だけど、はっとさせられたのは、知識も我慾だということ。

     

     

    新月のお願いも、

    夢も何もないけれど、

    「知りたい」という欲だけはすごくある!!!

     

     

    だから生きてるんだな〜と思うのだ。

     

     

     

    今日は青い猿の日。

    KIN171青い月の猿。

     

    なんと今日のガイドは息子のKIN、青い月の夜!

    (*´艸`*)

     

    そして、サイ時間単位も青い猿。

    KIN191青い太陽の猿。

     

     

    月と太陽が一緒に導く青い猿!

     

     

    知るということは、楽しむということにつながっていく。

     

     

    人生は旅。

     

    まだまだ旅の途中。

     

     

    今日もありがとうございます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | | comments(0) | - | posted by MISA
    22を超えてゆけ 13:36
    0

      2003年の本です。

      初版KIN2白い月の風!

       

      今更、かもしれないけれど、

      今のわたしにもたらされた素晴らしい大冒険!

       

      2018年にCD付きで重版されました。

      KIN87青い太陽の手!

       

       

      それまで、どこを探してもでてこなかった。

      もう、中古は恐ろしく高くって!!!

       

       

      今、それに続く本も重版され、何事もないかのように手に入る。

      もうすぐ宇宙の羅針盤の(下)もでます。

      このタイミングがいいのでしょう!

       

       

       

      Emiさんから素晴らしい情報!

      G暦4月12日は今年のKIN169赤い宇宙の月。

      その日のサイ時間単位が、令和の始まるKIN188!!!

       

       

      宇宙の流れはかくも美しい!

      (*´艸`*)

       

       

      今日は青い嵐、

      KIN159 青い電気の嵐

       

       

      青い嵐には、ワールドチェンジャーというキーワードがあります。

       

      これってね、

      気づきだよね。

       

      誰が世界を変えるのか? ということではなく、

      自分が見方を変えれば、世界は変わるのだ。

      つまり、誰もがワールドチェンジャー!

       

       

       

      22を〜を読んでいると、驚くほど、13の月の暦とシンクロします。

      シンハのウラ九九表はコドン

      13X4=52

      主人公はマヤ

      光の糸

       

       

       

       

       

      わたし、この世界で、アヌビスにもシンハにも出会っていることに気づきました。

       

       必要なのは技術だけではなく、その『ありよう』だ

       

       ↓

       

       大事なのはテクニックではなく、心だよ

       

       

      !!! シンハじゃんーーー !!!

       

       

       「よいか、その技法や形態が重要なのではない。大切なものは、その『ありよう』だ。

       ありようとは、オマエたち一人ひとりの生き方、心の持ちよう、その動機、その方向性だ。

       重要なのは、どの方向に意識を向けるかなのだ」

       

       

       

      ↑しかもこの部分、わたしの141をはさんだ、140〜142に出てくるの。

       

       

       

       

      この瞬間、今ここを生きることに意識を向ける。

       

      それだけでもあなたはワールドチェンジャーです!

       

       

       

      この本を出してくださる発行者の方々に感謝します。

       

       

      すべての人にありがとうございます!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | | comments(0) | - | posted by MISA
      藍の書 〜141と241〜 11:30
      0

        ずっと辻さんの本を探していたのだけれど、

        ずっと手に入らずにいた。

        古書でも高く、謎なまま。

         

        昨年、再販されたようで、

        それまでひっかからなかったものが、

        すんなり手に入るようになってきた。

         

        そして、今月3月3日、

        遺作の「藍の書」が発刊された。

         

         

        「22を超えていけ」

        「6と7の架け橋」

        ずっと読みたかった本なのに、

        家に届いても、今まで一度も中を見たことがない(笑)。

        それは、私が先にこの本「藍の書」を読むように待っていたからなんだ、と思う。

         

        誕生日に見る夢。

        ハーモニックコンバージェンスと同じ日。

         

        え???

         

        8月16日17日が、ホゼが始めたハーモニックコンバージェンス。

        その8月17日は、

        わたしの誕生日からちょうど260日なので、

        わたしの誕生日と同じKINが巡る日。

        辻さんは年上だけれど、

        私の道筋と彼女の道筋はそこから重なる。

         

        そして辻さんのKINは小原さんのKINと同じ、

        KIN241赤い共振の竜。

        小原さんのブログに辻さんのことが書いてあった。 

        交流があったのですね。

         

        わたしはKIN241の道筋の年に、

        KIN241の小原さんに出会って13の月の暦の入り口をみつけました。

        241はわたしにとっての師が多い〜!

         

        いろいろなことが重なっていく。

        すんなり読み始めた「藍の書」。

        KIN141の今日。

         

        サイ時間単位は今年のKINです。

        KIN169 赤い宇宙の月。

        この1年がつまったサイ時間単位!!!

        宇宙とつながっている〜!

         

         

        わけもなくわくわくするのは KINのおかげ? (*´艸`*)

         

         

        素晴らしい本をありがとうございます!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        | | comments(0) | - | posted by MISA
        人生は旅 12:24
        0

          雨の若松。

           

          昼間、

          昨日は温泉へ。

          今日は半身浴。

           

           

          今めちゃめちゃ息子と笑い転げている本。

          懐かしの椎名誠。

           

          その名も「寄食珍食糞便録」!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          今生きている世界がすべてではないのだよ。

           

          だって、一歩違う国に踏み出したら、

          本当に えーーーーーーー! って思うこと、いっぱいあるもん。

           

           

          地球ってすごいところだよ!

          旅ってだから面白い。

          知ることってとっても大事。

           

           

          だけど、椎名さんのような旅は、椎名さんの役割でいい〜!

          すごい体験してます。

          こんな面白い文を書いてくれて、

          ありがたいよ〜!!!

           

           

           

          一緒に借りた藤田紘一郎さんの本。

          椎名さんの本に彼の名前がでてきて、

          (寄生虫の話があって、、、)

          我ながら、そういうシンクロぶりにますます面白さを感じます。

           

          山川紘矢さんの本も同時進行中。

           

          同じ 紘 つながりで、これまた面白い。

           

           

          何かが広がっていく感じだ〜!

           

           

           

           

          読みかけの本がいっぱいあります。

          ゆっくり味わう派。

          読みたいときに読む。

          かれこれ1年くらい放置したまま、という読みかけもざらです。

          だけど、

          あ、この本、今このタイミングなんだ、という時間調整を感じることもあります。

          だから、それはそれでいいの。

           

           

           

           

          土曜日は北九州で、山川紘矢さん亜希子さんの講演会です。

          楽しみ〜!

          (*´艸`*)

           

           

           

           

           

           

           

          | | comments(0) | - | posted by MISA
          バルドゥの世界 〜チベット死者の書〜 18:10
          0

            読み返しているチベット死者の書。

             

            昨日の神父様の話とかぶっていて、

            宗教って、伝え方が違うだけで、本質は同じだよな〜と思うわたし。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            金色の桑田二郎さんの本は、

            若松図書館のブックリサイクルでいただいてきたもの。

            これがすごい!

            わかりやすいよ〜!

             

             

            死んでから行く世界の話だけど、

            そもそも生きている間に、かいしんを促す目的もあるのだと思う。

            やはり、自分中心であってはよろしくないということなの。

             

            自分中心であることを、我意識という。

             

            そこから、いかに魂の純粋意識にたちかえるか、ということなのだ。

             

             

             

            私たちの魂は、霊的進化のためにこの地球にきている。

             

            すべて感謝の精神で生きることができれば、

            たぶん地球なんていらないのだと思うけれど、

            みんな、なかなか、そういうわけには、、、いっていない。。。

            わたしだって。

            (*´з`)

             

            ↓以下抜粋

             

            ねたみ

            ひがみ

            うらみ

            むさぼり

            怒り

            憎悪

             

            精神の奥ふかくに不満がくすぶっているから

            あらゆるものを ひねくれた角度からみてしまう

             

            そうしたひねくれ精神も「感謝の心」にめざめると

            ゆがんだ意識も ウソのように消えてゆく!

             

            感謝の心にめざめるというのは

            精神が 自らの意志において

            感謝の意識を 精神の中心におくことだ

             

            感謝と不満は同居できない!

             

             

             

            感謝の念とともに

            人間の心は浄化される

             

            そこに魂の「純粋意識」があらわれる

             

            すべての人間の「純粋意識」の中には

            「空」なる次元の「いのち」の真理を直観する能力が

            もともと そなわっている

             

             

            ***

             

            しかし、すべての人が、

            心の浄化を済ませて死を迎えるわけではない。

             

            光におびえ、さまざまな幻覚を見る。

            カルマの幻影が、私たちを苦しめる。

            その不満の精神は、私たちが生きている間につくられたもの。

             

            かずかずの”いやな心”のモトの土台となっているのが

            わたしたちの不平・不満の精神なのだ。

             

             

            ***

             

            以下抜粋

             

            つまり

            不満の心からむさぼりの心が生まれ

            これが満たされないところに怒りが生じ

            独占欲 ねたみ 競争心 憎悪 殺意 恨み などなど

            限りなく変化してゆく 不快な心があるわけだ

             

            実に この世の中全体の不幸や苦悩も

            人間ひとりひとりの不幸や苦悩も

            すべて これらの”いやな心”の中から生まれてきているのだからね!

             

             

            中略

             

             

            死後の意識の中に

            ありありとあらわれてくる こうした幻覚は

            まさに自分自身の内なる意識が

            姿となってあわわれているのだ!

            その全体が 自らの霊的な”いのち”の意味なのだ!!

             

            それらの恐ろしい姿は 外からあらわれ出たものではなく

            自らの内から発しているものなのである!!

             

            それが悟れれば 幻覚にとらわれないですむ!

            そして”魂”は輪廻から解放され

            次なる進化の次元へと進めるのだ

             

             

             

             

            ***

             

            本当に、内側にすべてがある、ということなんだな〜。

             

            死後だけでなく、

            今のこの世もそうなのだと思う。

             

            この世界は内側を映し出している。

             

             

             

            自分の心の内側につながることは、神様とつながること。

            いつも感謝と愛を選ぶ。

            そこに、恐れはない。

             

            いつも光とともに!

            ありがとうございます。

            (*´艸`*)

             

             

             

            世界は問いではなく回答だ!!!

             

             

             

             

             

            そして今夜の晩御飯

             

            やきとり!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            今日もごちそうさまでした。

            ありがとう!

             

             

             

            | | comments(0) | - | posted by MISA
            ウルトラ伝説!? 22:28
            0

              ウルトラマン好きの息子が図書館で借りた本。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              学年誌ウルトラ伝説!

              Σ(゚Д゚)

              なんじゃそれ〜?

               

              しかも。


              しかも。

               

               

              あれ?

               

              中国でつくったウルトラマン?

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              小松崎さん!!!!!

               

              このあご、どうしてですか〜???

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              中国のウルトラマンがひどすぎると一時騒がれたけど、

              もしかしてマニアだったのか???

               

              小松崎さんの!!!

               

               

               

              (゚Д゚;)

               

               

               

              (゚Д゚;)

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              | | comments(0) | - | posted by MISA
              お片付け(*´▽`*) 15:38
              0

                ようやく。

                 

                積み上げた本の山を片づけたよ〜。

                (*´Д`)

                ああ、もうどうしたものかとずっと思っていたのだけれど、

                結局はこうなった。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                裏にも本置いてる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ああ。まだ読んでない本いっぱいあります。

                 

                 

                 

                本大好き!

                (*´艸`*)

                 

                 

                 

                ここは寺子屋らしい。

                なので、13の月の暦の勉強会、

                2月4日、お待ちしております〜!

                 

                 

                さーて。

                お次は毛糸たちだな。

                (*´з`)

                 

                 

                持ちすぎているほど持っているわけなのだが、

                目も2つ、

                腕も2本、

                 

                読むのも編むのも限られているのにね。

                 

                 

                 

                今日もいつもありがとうございます。

                 

                 

                 

                | | comments(0) | - | posted by MISA
                | 1/2 | >>