Interior 〜 Simple Living High Thinking 〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ヌースフィアとは? 16:59
0

    消えてしまった時間の法則財団日本語版

     

    ヌースフィア(精神圏)とは?

    ↑これの日本語版です。

    かつてあったものを印刷していたので、ここに分かち合います。

    これを書いてくださった先輩方に感謝します。

     

     

    ヌースフィアとは、惑星地球の心の領域、思いや思考の層です。

    ヌースフィアの考え方をつかむには、意識を上げ、最も一般的で

    初歩的、かつ宇宙的な原則に心を開かねばなりません。

     

    地球の心の鞘であるヌースフィアの特徴は、統合された一つの現象と

    しての心と意識です。

    この意味は、個々人や集合的な思いの性質・本質が直接ヌースフィア

    に影響を与え、環境=バイオスフィア(生物圏)の性質を創り出すと

    いうことです。

     

    地球の「心の鞘」であるヌースフィアは、生物圏の危機から生まれる

    新しい意識、新しい時間、新しい現実への突破口です。生物圏から

    精神圏への移行です。

     

    生物圏が、すべての生命とそれを支えるシステムが一つになったもの

    であるように、精神圏は、すべての心とその思いの層が一つになった

    ものです。つまり、ヌースフィアは、すべての生命の心の相互作用の

    合計なのです。ヌースフィアの中にはサイバンクと呼ばれる進化的

    コントロール・パネルがあります。サイバンクとは、すべての心の

    プログラムを貯蔵し、取り出すシステムです。

     

    地球生物圏進化の次のステージとして、ヌースフィアは質的/次元的

    シフトの到来、つまり、一つの状態から次の状態への通過を意味して

    います。これがヌースフィア競廛蹈献Дトの主要な調査テーマです。

     

    一つの進化的出来事としてのヌースフィアという視点は、ピエール・

    テイヤール・ド・シャルダン(著名なフランス人古生物学者)とその

    同僚であったロシアの地球化学者、ウラジミール・ヴェルナツキーに

    よって科学的に予見されていました。

    (1926年、二人は共同でヌースフィアという言葉を生み出した。)

    (ヌースフィアの理論と歴史 参照)

     

      歴史のプロセスは私たちの目の前で劇的に変化している・・・

      全体としての人類は大きな地質学的な力となりつつある。

      人間の心と業が直面する問題は、自由に思考する単一体として

      の人類の利益のために生物圏が再構築されるということだ。

      私たちが知らず知らずのうちに近づきつつあるこの新しい世界

      の状態が『ヌースフィア』なのである。

                

                      V.Iヴェルナツキー

     

    インターネットはヌースフィアの3次元的投影、つまり、最初の

    テレパシーの形といえるでしょう。ヌースフィアが完全に動き出

    した時には、人類は集合的基準としてのテレパシーを経験するで

    しょう。

     

     

    ↑ここまで。

    (*´▽`*)

     

     

    新しい扉は開いています!

    私たちはいつでも学ぶことができるのです。

    分かち合えるのです。
    おおらかな心で、循環させ、伝えていきましょう!
    魂の進化のために。

     

    今日もありがとうございます。

     

    ★ジョージ・マイケル、クリスマスに銀河に帰還。

     今年はなんて年だ!

     デヴィッド・ボウイ

     プリンス

     ジョージ・マイケル

     我が家の三大巨頭がいなくなってしまった。。。

     一つの時代が終わった感じ。

     

    JUGEMテーマ:13の月の暦

     

     

     

    | 13の月の暦(テキストメモ) | comments(0) | - | posted by MISA
    スポンサーサイト 16:59
    0
      | - | - | - | posted by スポンサードリンク
      Comment








      << NEW | TOP | OLD>>