Interior 〜 Simple Living High Thinking 〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
怒涛を生きる ♫ 02:23
0

    12月は毎年怒涛なのだけど、今年は軽いです!

    (*´艸`*)

     

    委員長仕事、

    2時ね、なんて行ってみたら、もう講演が始まっていた。

    ???

    ???

     

    たぶん、時計を見つめて固まっていた。

    しばらく何が起こっているのか理解できなかった。

    2時から、準備だと思っていた。

    まさか2時から講演開始だったとは!!!!!!

     

    ひえ〜!!!

    受付やるね、なんて言っていたわたしだよ?

    だからなのか?!

    きのう、参加者名簿、ほかの人が持って帰ってくれていたの。

    (受付やらずに済んださ〜。)

     

     

    その昨日は、違う仕事で半日パソコン作業。

    今日もその委員長仕事が終わってから、パソコン作業と会議。

     

     

    今日の午前中は窯。大掃除。

    明日の午前中も窯。陶芸!

     

     

    あさっては図書室。

     

    しあさってはまた別の委員長仕事があり、リーダー仕事も重なり、

    それはもう別の人におまかせにした。

    午後はヌーソロジー!

    次の日はリーダー!

     

     

    嘘だろって言いたいようなスケジュールだ。

     

     

    さらに靴下とスカート編んでます!

    好きだからーーーー!!!

    ( *´艸`)

     

     

     

     

    そう、全部自分で納得済み。

    やるさ!

    ( ´∀`)ノ

    だって、わたしだからできること。

     

     

     

     

    今日の講演会。

    笑いあり、涙あり、とっても面白かった。

     

    面白かったけど、ただ、ひっかかるものがあり。

    どうしてか、検索したら、腑に落ちた。

     

     

    アンタレスから来たバビロンの男。

     

     

    それがいいとか悪いとかではなく、

    こっちから見るのとあっちから見るのは違うということを見ただけ。

     

     

    おもろいわ〜!

     

     

    わたしだからできることがある。

    まんまそのメッセージをもらってきて、

    どんぴしゃに笑う。

     

     

     

    今ある「今」を、

    わたしが積み上げ、つくってきた。

     

    それはどうですか?

     

     

    心地良いですか?

    幸せですか?

    喜びですか?

     

     

    (´∀`*)

     

     

     

     

    だから地球は面白い!

    この身体が朽ちるまで、ただやりたいことをやって生きるだけ!

     

     

     

     

    赤い月の竜を赤いスペクトルの竜が生きたらこうなった!

     

    そんな一日でした。

     

     

    今日もありがとうございます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | | comments(0) | - | posted by MISA
    スポンサーサイト 02:23
    0
      | - | - | - | posted by スポンサードリンク
      Comment








      << NEW | TOP | OLD>>