Interior 〜 Simple Living High Thinking 〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
よく噛んで(*´▽`*) 16:51
0

    のど風邪で休んだ息子のその後。

     

    休んだその日、

    彼はほぼ1日中冷え取り君で足湯をしていました。

    そのお湯を捨てようとして、びっくり〜。

    なんじゃこりゃーーーーー!!!

     

    綿ごみのような、白っぽい何かが無数に漂う。

    お湯の汚れがひどいし、しかも臭い。

    この頃お風呂もすごい汚れるけれど、これか〜?

    毒だし、すごい。

     

    というかこれだけ出せると素直だな〜と思う。

     

     

    たくさんいただいてきた薬も、いくつか飲みました。

    その後、

    「薬はいらないよ。自分で出せるから。」

    と宣言。

     

    すげーな、君。

    息子を信頼します。

     

     

     

    しかし、この風邪をお父さんがもらい、えらいことに。

    二人とも毒だしの仕方が似ているので、

    足はむけむけ、咳はごほごほ、

    なんともすごい光景です。

     

    で、私は一人、子宮が吐いてる???

     

     

    「出てくれてありがとう」

     

     

    もうそれだけです。

    出せる身体に感謝。

     

     

    昨日の足湯も、まだまだ何かがでていた〜!

     

     

     

    万病を治す冷え取り健康法です。

     

    地味に淡々と。

     

    時には本を読み返して、

    原点回帰も必要なことを再確認。

     

     

    よく噛んで。

    何はともあれ、よく噛んで。

     

    誰にでもできることだと思うので、

    皆さんもご一緒に。

     

    はい、よく噛んで。

     

    感謝とともに、今日の食事をいただきましょう!

    (*´▽`*)

     

     

    今日もいつもありがとうございます。

     

     

     

    | 冷えとり | comments(0) | - | posted by MISA
    地味に平凡に。 14:59
    0

      今日は黄色い銀河の星。

       

      美しい輝きをもったKINですね!

      今日、この日を味わっている私たち一人ひとりにも、

      この輝きがちゃんとあります。

      外側に探さないでくださいね。

      すべては内側にあります。

       

      そのことに気が付くと、

      「今ここ」に生きることのすばらしさを味わえます。

       

       

      まなかちゃんも!!! 

       

       

      進藤先生も言っています。

      それは心の問題。

      「自分本位をやめろ」ということ。

      ああなりたい、こうなりたいをやめる。

      自分は何をするのが正しいか、それだけ考えて、

      そして何をやるべきか、それを一生懸命にやる。

      それを地味に平凡に。

      やるべきことをやっていると、自然になるようになるんです。

      やることをやっていると、なるようになるということなんです。

      ごちゃごちゃと難しい理屈をこねる必要はない。

       

      ↑これが冷え取りの極意です!

       

      ホゼ・アグエイアスも、エゴを捨てることの必要性を説いています。

       

      イエス様も、観音様も、小林正観もみんな、結局はそこ!!!

       

       

      自分本位をやめる?

      他人本位で生きる?

      エゴをなくす?

       

      じゃあ自分っていったい何?

      やりたいことやっちゃいけないの?

      願っちゃいけないの?

      誰かのために生きろってこと?

       

       

      思考すると、正直そんな感じでぐるぐるしてしまいます。

       

      私もごちゃごちゃ難しいことは言わない。

       

       

       

      自分の本質で生きると、自然とそうなる!

       

       

       

      マヤの暦も、ツォルキンをつくったホゼは、

      「お願い事を叶えよう」とは言ってない。

       

      むしろ、その「エゴ」をなくして、

      惑星奉仕で生きよう、

      です。

       

      自分らしく生きるということは、

      自分のエゴを叶えることではないのです。

       

      天の、宇宙の、すべての総意で

      私がやるべきことをやるだけ。

       

       

      目の前にある、やるべきことを丁寧にやる。

       

      出会う人に、

      出会うものに、

       

      すべてのものに感謝して生きる。

       

       

      「心がものを生かし、ものが心を支える。

       お互いに持ちつ持たれつである、ということを

       しっかり頭に置いて、それで利用すればうまくいくわけです。」

       進藤先生。

       

       

       

      ほらほら、半田さんと中山さんの「反転の創造空間」にも!

       

      自我から大我へ。

      宇宙の本質はあなたの内側にあるすべての世界。

       

      KIN(金)はとどめる。

        (銀)は流す。

       

      KIN(きん)は1日とか一人とかのマヤの単位。

       

      金(きん)としての日本民族の働きを今、求められている。

       

      鉄は 金 を失う と書いて 鉄。

       

      鉄は一神教の民族、 金は私たち八百万の神の心。

       

      心は 流れることのない時間。 金。

       

      心は奥行き。存在の深さ。

       

      もう一つ、深いところにいるわたし。

       

       

       

       

      それを簡単にいうと、まなかちゃんのいうように、

       

      「未来の心配をするよりも今の私を大事にしたい!!」

       

      そうなる〜!!!

      \(*´▽`*)/

       

      (マナカリアリティ!)

       

       

       

       

      迷っていいのよ。

      誰だって最初からは到達しない。

      私だって道半ば。

      ただ、こうして知ることが面白くて面白くて仕方ない。

       

      地球に生まれた楽しさにようやく気付けたところ。

       

      こんなご飯を食べられるのも、地球ならでは〜!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      残り物だけど。( *´艸`)

       

      今日は久しぶりに大王と私、一緒の休み。

      作り置きで寝ていた大王作ミートソース。

      ペンネはグルテン・フリーのあきたこまち。

      日曜日に買ったメゾンカイザーのフランスパンがかっちかちになったので、

      スープに沈めてゴーダチーズをのせて、スープグラタンに。

       

      いただきます、

      ごちそうさまでした。

       

      それだけで幸せって、なんて幸せ!

       

      ほら、幸せも内側にあるよ!

      決して外側ではないんだよ。

       

       

       

       

      今日もいつもありがとうございます。

       

      | 冷えとり | comments(0) | - | posted by MISA
      生活全体で原点回帰(*´▽`*) 11:27
      0

        久しぶりに午前中に半身浴。

         

        ゆうべは息子と一緒に寝てしまい、

        記事をかいたものの、

        息子の寝苦しい声、

        おきる、

        目が合う、

        ねる、

        おきる、

        目が合う、

        ねる、

        に何度かつきあい、爆睡。

         

        熱っぽいな〜と思っていたけれど、
        朝、平熱。

        自分でごはんに味噌をまぜて海苔で巻いたのを食べて

        出かけていきました。

        私も午後から図書室だ。

         

         

        なので、久しぶりに明るい半身浴。

        これを読みかえす。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        面白すぎ〜〜(笑)

        すっごいいい汗かきました。

        寝る前の記事に原点回帰と書いたけれど、

        あれは予告編だったのだな、と。

         

        まさに今日が私の原点回帰!

         

        すがすがしい〜!!!

         

         

        あのやらない理由も面白いけれど、

        進藤先生のところに寄せられる手紙の数々の話も、すごい!

        まあ、いろいろすごい!

         

         

        心配になってあれこれ聞いてみたくなるのも「冷え」です。

        私の病気、これで治りますか?って、それも「冷え」です。

        「やってみたけど治らないじゃん〜」っていうのも「冷え」てるから。

        自分本位の思いで物事をみると、自分本位の思いの上にしか解決はない。

        思い込みも「冷え」です。

         

         

         

        今、いろいろと便利になってきて、

        だんだん人工知能が私たちに代わって考えようとしているみたいだけれど、

        私にしてみれば余計なお世話。

        人間を考えなくてもいいようにしている人にとっては便利かもね。

        私たちに与えられた「考える」という力を使えることは、

        今やこの世のギフトなのかもしれない。

         

        私たちは自由意志で選択し、生きていく。

         

        それがどんなに楽しい奇跡か!

         

         

         

        今日からの新しい水晶の月に、

        私にとってはなんかうきうきの始まりです!

         

         

        他人本位で生きる、とエゴを捨てて生きるは同じ。

         

         

         

        惑星奉仕の原点回帰です。

         

         

         

         

         

        今日もいつもありがとうございます。

         

        12月1日、45週、創始の週です!

         

         

         

         

         

         

        | 冷えとり | comments(0) | - | posted by MISA
        原点回帰 01:23
        0

          冷えとりをしない言い訳!!!

          (*´艸`*)

           

          岐阜の もりのこ鍼灸院の祐里さん。 

           

           

          我が家、今でこそは家族で冷えとりだけど、

          最初は旦那にすっげー冷ややかに言われていたよ。

          「そんなに履いてたら水虫になるぞ」とか。

           

           

          その「水虫」もちのある方が入院したとき、

          無理やりかもしれないけど、靴下を履かせて帰ってきたの。

          あまり動けないのをいいことに。

           

          そうしたら、だんだん足の中で、むずむずと変化が起こり、

          だんだんボロボロと足の皮がむけはじめ、

          ついには、足全体に広がり、

          なんときれいなつるつるの足に生まれ変わったのだそう!!!

           

          今まで何をしても治らなかったのに、

          もうびっくりして、感謝の言葉をいただきました。

           

          まさかそんなところで効いているとは私もびっくりで、

          見せられたな〜と思ったことがあります。

           

           

           

          大王が冷えとりをやりはじめたのは、自身の骨折が原因。

          絹を履くと治りが早いよ、と勧めてみたの。

           

          私はやり始めて1年だったのだけど、

          本を読まずにネットで情報をとってばかりで、

          はたと、あれ?せっかく図書館に通ってるんだから、

          本借りて読めばいいんじゃん、と取り寄せた。

           

          取り寄せてるその間に、

          若松のディープな愛するリサイクルショップで、

          「万病を治す冷えとり健康法」

          という本があったの!!!

           

          その中の五行の話が面白くて、大王に勧めたら、

          なぜか素直に本を読み、

          これは理論的で納得した、やってみる、と

          半身浴と靴下とを始めたんだ。

          (ちなみに彼は、

           25000人に一人の治療法のない難病患者でもあります。)

           

           

          今では靴下は日常です。

          なんでそんなに履いてんの〜と言われること、そりゃあります。

          もともと人と違って生きることが好きなのと、

          マーマーマガジンの冷えとりファッションがかわいくて始めたのもあるので、

          いろいろ言われるのは全然気にならなかった。

          産後太りで悩んでいたのも、半年で10キロも落ちたものだから、

          むしろ、面白くて話したくて話したくてしょうがなくって、

          最初はうざかったかもしれない!!!

           

           

          そんなころ、

          幸恵先生とまきちゃん先生コラボの勉強会に参加したのをきっかけに、

          冷えとりからたくさんの出会いをいただいてきました。

           

           

           

          わたしに冷えとりを教えてくれたのは、会社の後輩。

          彼女が送ってくれたマーマーマガジンで、それを知ったの。

          本当に彼女には最高の感謝を贈ります。

          ありがとう!!!

           

           

           

          出会いは財産。

           

           

           

          ここに来てくださるあなたにも、

          ありがとうございます。

           

           

           

          今日から水晶の月の始まりです。

          CRYSTAL MOON

           

          How Can I Dedicate Myself to All that Lives?

           

           

          45週 青い共振の手からのスタート。

           

           

           

          自分がやろうと思ったら、いつだってなんだってスタートです!

           

           

           

           

          冷えとりの何が面白いかって、心持ちを説くから!!!

          私はそこが一番、えぐられた!( *´艸`)

           

          そして、13の月の暦が面白いのは、やっぱり心を説くから!!!

          私たちのエゴを捨てるように導く。

           

           

          それは冷えとりも同じ。

          自然と調和して生きること。

          精神論を説く健康法なんて、初めて出会ったものだから、

          もう、わくわく!

          しかも毒舌、進藤先生。娘さんも独特、幸恵先生。

          ファイブそっくすさんで売っている、

          進藤先生の講演記録を読むとさらに面白いけれど、

          ちょっと宇宙すぎてついていけないかも???

          だけどそのぶっとんだところが私には魅力的。

           

          本当に世の中は面白いことだらけ!!!

           

           

           

          今日もいつもありがとうございます。

           

           

           

           

          豪快にもいできたおばあちゃんところのビワ。

          (*´▽`*)

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          この中になっている!!! ↓

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          自然は美しい。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          | 冷えとり | comments(0) | - | posted by MISA
          久しぶりに子供の冷えとりのはなし 11:44
          0

            夕べ、博多から帰ってきて、息子と一緒にお風呂。

            自転車のりをマスターした、というその脛はあおたんだらけ!

            (;´∀`)

             

            そろそろやめよう、といっても転びつつも乗っていたらしい。

            どんながんばり???

             

             

            夜、いつもなら寝るときにあっちに行け!と威勢がいいのに、

            昨夜はむしろくっついてくれた。(私が出かけたから?)

            ちょっといつもと違うな、と思っていたら、、、。

             

             

            深夜、私が半身浴をしていると、

            なんだかきいたこともないような共鳴した咳が聞こえ始めた。

            ちょっと気になる。 

            そう思いつつも風呂にいると、

            「苦しいんだけど〜」と息子が扉を開けた。

            「のどが痛い」

            痰がからんでつまった状態? 声もかすれている。

            とりあえず、うがいさせて、「ういろう」を飲ませた。

            でも、苦しくて横になれないという。

            だんだん声もでなくなり。

             

            お風呂に一緒に入って半身浴しながら寝る?と聞いたらNO。

            じゃあそういうときの「冷えとり君」。

            足湯しようかというと、うなづいた。

             

            息子は10歳。4年生。

            4歳の年少さんから冷えとりをしている。

            きっかけは制服のポリエステルの靴下。

            足の指の間にいつもごみがねちねち溜まって、

            家に帰るとそれを掃除するのが日課だった。

            「冷えとりの絹の靴下履いてみたら?さらさらでいられるよ。」

            買っておいた子供用の絹の靴下を履かせて幼稚園に出したら、

            帰ってきて、靴下を脱いで、

            「おかあさん、足、さらさらだよーーーーーー!!!」と

            ものすごい感動して伝えてくれた。

            それ以来、シルクのTシャツやタンクトップ、シルクのズボン下は必須。

            冷えとりボーイになった。

             

            とはいえ、さすがに10枚も重ねて幼稚園や学校に行く気はなく、

            基本の4枚。

            今は内絹外ウールなど1枚で2枚分の靴下があるので、

            2枚(だけど4枚分の効果)履いて学校に行っている。

             

            大きな病気はしていない。(嘔吐下痢も経験なし。)

            風邪をひいても軽くてすむ。

            半身浴で治すことを知っている。

             

             

            具合の悪い時はいつもより多めに靴下をはく。

            10枚履くとミラクルが起きる!なんて都市伝説があるけれど、

            息子はトワイライトエクスプレスに乗ったときに10枚はいたら、

            向かい側の席の人が誰も乗って来ず、2等寝台部屋が貸し切りになった!

             

             

             

             

            というわけで、昨夜は2時間半ほど足湯でうたたね。

            水を飲み、トイレに行き、足湯、を繰り返す。

            3時をすぎて、ようやく布団で寝れそう、ということになり、

            いつもより多く靴下を履かせた。

            うちではその上に、私の編んだおうちブーツとゴジラブーツの

            2枚重ねで寝ている。

             

             

             

            3時過ぎまでそんなだったから、朝は起こさなかった。

            それでも目覚めていて、あの咳をしている。なんかすごい音なんだ。

            熱はなかったけれど、

            きっと頑張りすぎで休めのサインだな、と思い、学校は休みにした。

            そして、久しぶりに病院に行くことにした。

            1年ぶり?2年ぶり?

            「1年ぶりだよ」と息子。「水疱瘡で行った。」

            そうそう、そうだった。その前は2年ぶりだった。

             

            診察をしてもらったら、喉風邪。

            ほんとだ、べろが白くなってる。

             

            病院に行くことは、学校側の安心にもつながるので、

            いつもと違うと思う時には行くことにしている。

            いくら冷えとりをしているからといっても、

            それだけに過信しない。

            だって、甘いものもお菓子も好きだし、

            そういえば今週、野菜が足りてなかったかもなぁと反省。

             

            本当は私も今日は委員会の企画会議だったけれど、親子で学校休み。

            大量の薬をもらって帰ってきました(笑)。

            先生の愛。

            吸入治療で、声もでるよ、と息子。

             

             

            家に帰ってきて、さっそく足湯。冷えとり君。

            本当にこれは便利。

            温度が一定に保てるというのが素晴らしい。

             

             

            つまりは毒だし。

            そして、ゆっくり過ごしてよ、という宇宙からのお知らせだよね。

            私自身も、

            今年は「背負わない」ようにうまくお知らせされているみたい。

             

             

             

            進藤先生の本によれば、子供は10歳くらいから、

            だんだん体に毒が溜められるようになるので、

            病気をしなくなるらしい。

            つまり、出さなくなる、ということ。

             

            冷えとりをしていると、常に毒だし進行中。

            だから私は症状がでても「毒だしだから」で見守るが基本。

            そうはいっても、

            心の毒だしかもしれないし、

            ただ「大丈夫」と言えばいいわけでもないように思う。

            一緒に寄り添う時間も必要だと思う。

            そして親が必要以上に心配しないことかな。

            出していいんだよ、と背中をさすったり、

            一緒に隣でうとうとしたり。

            (私にも冷えとり君がほしかった!)

            そんなことを昨夜はやってみました。

             

             

            まぁ運動会のあとの二日間初自転車乗りはスパルタだったかもね。

            本当、ゆっくりする暇なかった!

            反省。

             

            そこにいろいろな気づきがやってきます。

            それをあれこれ悩んだりはしない。責めない。

            反省(うけとめる。)、ただそれだけ。

            気づいてよかった、の感謝だけ。

             

             

             

            さて、お布団干して、洗濯物干して、

            今日も心は「ほっこり」の一日を過ごそう。

             

            スペクトルの月の最後の日に、こんな解放があるなんてね。

            ギフト、ありがとう!

             

             

            感謝します。

             

             

             

            今日もいつもありがとうございます。

             

             

             

             

             

             

            | 冷えとり | comments(0) | - | posted by MISA
            久しぶりに冷えとりのはなし。 17:34
            0

              KIN2 白い月の風

               

              いつも小学校ではこんな足元。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              私もヘルパー4年生なので、

              知っている人は知っているけれど、

              知らない人にとっては

              「その足なんですか?」

               

              今日も聞かれたので、お答えしました。

               

               

              「冷えとり健康法」やっているんです。

               

               

               

              冷えとりは、耳鼻科の進藤義晴先生が考案した健康法です。

               

              冷えは、上半身と下半身の温度差による循環不全。

              普通体温は36〜37度。

              ですが、この頃35度台の人も増えています。

              そして、内臓のない下半身は、30〜31度!

               

              こんなに上半身と下半身には温度差があるのです。

              誰もが冷えてます。

              そして現代では、ストレスという心の問題でも、冷えています。

              心の冷えは体の冷えの約5000倍とも言われています。

               

               

              冷えるとどうなるか。

               

              陽気は下降できなくなります。

              陰気は上昇できなくなります。

               

              血液も気もめぐらない、まわらない。

               

              食べ過ぎでも冷えます。

               

              消化には非常に体力を使うので、

              血液が消化器に集中すると、

              全身循環がますます阻害されます。

               

               

              人は自分の取り入れたもので病気になるのです。

               

               

               

              じゃあどうするか?

               

              温めます。

               

              頭寒足熱です。

               

              基本は半身浴です。

              ぬるめの温度で、20分以上何時間でも。

              みぞおちから下をつかり、腕はだします。

               

              最初はなかなか汗がでませんが、

              慣れてくると、いい汗かけるようになります!

               

              本当は24時間、そんな状態でいられたらいいのですが、

              そういうわけにもいかないので、

              日常生活で靴下を履きます。

               

              肌に触れる1枚目は絹。

              指と指の間から毒素がでやすいので、5本指を履きます。

              2枚目はウールの5本指。

              3枚目は先丸といわれる、いわゆるふつうの靴下、絹。

              4枚目はウール。

              これをえんえん重ねていきます。

               

              絹は吸毒も排毒もできる素晴らしい自然の贈り物。

              ウールは、吸毒はできても排毒はできません。

              綿、麻、などもそうです。

              なので、間に絹をはさみながら、毒を吸い取ってもらい、

              出すのです。

               

              いわゆる毒だしです。

               

              今は、1枚で内側絹、外側ウール、という便利な靴下もあるので、

              わりと重ね履きしやすい状況になってきています。

               

              靴は、履く枚数によって、サイズもアップします。

              締め付けるのはよくないですから、それは自分の足と相談して。

               

              服装も、身に着けるものは天然素材に。

              化繊は吸毒も排毒もしません。

              なので、せっかく外にでようとする悪いものを、

              体の中に戻してしまうのです。

              化繊の発熱繊維を有り難がって着ている人は、

              実は自分で自分を責めているようなものなのです。

               

              そして、下半身を厚く、上半身は薄着に。

              下着も締め付けないものを。

               

              食事は腹7分目。

               

              腹式呼吸で、心持ちは穏やかに。

               

               

               

              めんげん、という言葉を聞いたことはありますか?

               

              瞑眩は、体の好転反応です。排毒症状です。

              冷えとりをして自己治癒力があがってくると、

              体が必ず経験する、健康への戻り道です。

               

               

              瞑眩は人によってさまざまなので、一概にこうなる、とは言えません。

              自分の生きて溜めてきた毒を出せるようになったことが、

              冷えとりさんには喜びになります。

              靴下破れてよかったね。

              寝込んでよかったね。

              やけどしてよかったね。

              骨折してよかったね。

               

              何があっても、冷えとりをしている以上、

              それは瞑眩であり、「悪化」ではありません。

               

              靴下履いただけで「冷えとり」とは言いません。

              ゆる、とかプチ、とかやってるうちは、

              効果もへったくれもありません。

               

              腹をくくってとにかくやってみることをお勧めします。

               

               

              進藤先生の本を1冊買って、読んでください。

               

              おはなしは、

              進藤幸恵さんという娘さんが高齢の先生にかわって講演なさっています。

               

              九州は「まきちゃん先生」が有名ですね。

              今年度は勉強会も少なめですが、過去ブログを読むもよし、

              とにかく自分で調べてみてください。

               

              東京は「まなかちゃん」が冷えとりメッセンジャー、

              今はH.I.S、温めメッセンジャーとなっていろいろ活動しています。

               

              ファイブそっくすや、841(やよい)、という

              冷えとりサイトもありますし、それ以外にも、各地でいろいろ!

              「染めもの屋ふく」さんの茜染めの靴下は温かい〜(*´▽`*)

              大法紡績さんの冷えとり商品は絶品。

               

              すべては自分で、自分の責任において、

              調べてやってみてください。

               

              上記の皆さんのサイトやブログ、あえてリンクはしません。

              自分で調べてつながるくらいの気力がないと、

              何事も他人任せでは結果はでません。

              やるのはあなた、やらないのもあなた。

               

              自由意志です!

               

               

              今までの勉強会で使われた資料をもとに書きましたが、

              私もこの夏で冷えとり8年目に入ります。

               

              冷えとり小冊子、ピエリアさんが作ってくださいました。

              ダウンロードできるはず。これも調べてみてくださいね。

               

               

              自分の人生を自分で生きることの素晴らしさを、

              冷えとりを通して体感してみてくださいね!

               

               

              白い月の風の日に。

               

               

               

               

               

              今日もいつもありがとうございます。

               

               

               

               

               

              | 冷えとり | comments(0) | - | posted by MISA
              愛でまわる世界に生きている(´▽`*) 11:20
              0

                これこれ!

                投資か浪費か!? お金について。 

                 

                私もそんな風につっこんでいたので、シンクロ〜!

                使えばいいってもんじゃない(笑)

                 

                 

                答えは全部自分の中に。

                まあ、人生いろいろ。

                自分のことは自分で決めればいいのだ〜!

                 

                 

                 

                 

                さて。

                昨日は陶芸で、久しぶりに窯トーク。

                 

                お子さんの足の手術を春休みにしたお母さん。

                入院前に、シルクの靴下をプレゼントしました。

                普段もお子さんは冷えとり靴下はいているのだけど、

                「シルクは怪我をしても治りやすいって聞くから、最高級、試してみて!」

                と大法紡績さんのを渡したの。

                 

                そうしたら昨日、

                術後の回復が早くて、予定より早く退院できて、

                入院してる間も、意外に歩き回っていたんだよ。

                と、報告をいただきました。

                シルクすごいな〜!

                日ごろの継続がきっとよかったんだろうな。

                素直に嬉しかったです。(´▽`*)

                 

                 

                17日から土用。

                消化器の毒だしです。

                感謝して、よく噛んで食べよう!

                ありがとうございます、は10語。

                だから、

                ありがとうございます

                ありがとうございます

                ありがとうございます

                と3回唱えると、30回噛むことになる(´▽`*)

                忘れることもあるけど、いいよ。

                思い出したらやろう〜!

                 

                 

                今日はお休みの我が家。白い倍音の世界の橋渡し。

                大王は、粉だらけになりながら、大王ブレンド製作中。

                大王の美味しいコーヒーは、

                この手間がかかる作業があってこそ。

                大王、ありがとう!

                (*´▽`*)

                 

                 

                世界は愛でまわるんだ。

                 

                今日もいつもありがとうございます。

                | 冷えとり | comments(0) | - | posted by MISA
                << | 2/5 | >>