Interior 〜 Simple Living High Thinking 〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
13の月の暦について 17:14
0

    13の月の暦・ドリームスペルは、

    ホゼ&ロイディーン アグエイアス夫妻がつくった暦です。

    マヤの暦をもとにつくられていますが、

    古代マヤの暦ではありません。

    マヤ暦といってこの260のツォルキンを使っているものの大元は

    ドリームスペルです。

     

    現在お二人とも亡くなられていますので、

    ステファニー・サウスさんが後継者です。

     

     

     

    あくまで暦です。

    なので、講師認定制度や資格制度は最初から存在していません。

    では誰が教えているのですか、となると、

    先生リストがあるわけではないので、

    宇宙のはからいによってその出会いが用意されているのかもしれません。

     

     

    お二人が日本で講演されていた時に、そのお手伝いをされていた方々が

    多数いらっしゃいます。

     

    こよみ屋のKOZOさんは、ホゼからも信頼された手帳をつくっています。

    クリカの小原さんのように、

    テレクトノン、20の銘板、ドリームスペルなどに携わった方々もいます。

    皆カンパとボランティアでした。

    そこに名前のある方々をたどることで、大元の情報を知ることができます。

     

     

    資格がないことは不安ですか?

     

    あなたはグレゴリオのカレンダーを使うのに資格をもっていますか?

     

    誰も持ってはいないですよね。

    でも、使っている!

     

     

    「13の月の暦を使うために、誰かに何かを認めてもらう必要など、

    どこにもありません。」

     

    Pan Japan ライブラリーの小原蘭禅さんの言葉です。

     

     

     

    使っている人から教えてもらえばいいのです。

    案外たくさんいます。

    もとの情報は英語ですが、いっぱいあります。

    日本語でも、たくさん本がでていますよ。

     

     

    銀河小学校 KOZOさん(東京)、

    クリカ 小原さん(東京)、

    わいあ〜さん ブログ(東京)、

    吉田さん ブログ(関西?)

    ヘンプいやしや たかしっちさん(山梨)、

    JT高木さん(福岡)、

    マヤラーラさん ブログ(愛知県)、

     

    まだまだ全国各地にたくさんいらっしゃいます!

     

     

    教えてもらうことがすべてではありませんから、

    自分で調べて自分で読み込むことだってありです。

    知る方法はいくらでもありますよ。

    それは自由なのです!

     

     

     

     

    自分に与えられた銀河の署名は、

    たとえるなら自分のもうひとつの名前。

     

    宇宙を旅するこれからの新しい時間に対応する名前です!

     

     

    20の紋章は、

    「それぞれが象徴する性質や周波数と自然につながるためのもので、

    私たちはシンボルを通して高次の意識に同調し、贈り物や導きを

    直接受け取ることができるのです。」

    (アリエス・スピルスバリー インタビューより)

     

     

    望んだものや、お願い事が叶うツールではありません。

    宇宙のギフトははるかに大きいものです。

     

     

     

    今日は黄色いスペクトルの戦士。

     

    キーワードはパスファインダー。

    私たちを知性で導く者です。

     

     

     

    スユアの波にのって、時間旅行を楽しみましょう!

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:13の月の暦

    | 13の月の暦(テキストメモ) | comments(0) | - | posted by MISA
    時間の法則 11:00
    0

      時間の法則財団の日本語訳です。

       

      日本語版が消えてしまったのですが、

      過去に訳された先輩に感謝します。

      (画像は時間の法則財団よりお借りしました。)

       

       

      時間の法則

       

       

      時間の法則は普遍的な法則、原則です。同期(シンクロ)の普遍的な要因は

      時間であると、時間の法則は述べています。

       

      時間の法則は、普遍的秩序を司る自然の計時周波数と、人工的な計時周波数

      を区別しています。後者は、人類の文化を、人類以外の環境である生物圏から

      切り離すものです。

       

      文化の基盤を、不規則なカレンダーや機械時計といった人工的な計時周波数に

      置いたことによって、人工的な地球マントル=テクノスフィアが生まれました。

      元に戻せるよりも早いスピードで自然資源を消費し、取り除ける以上の廃棄物

      を作り出すテクノスフィアは、バイオスフィア(生物圏)の犠牲のもとに機能

      します。それによって地球の危機が起こりました。

       

      現在私たちが経験している惑星規模の変動や社会的な混乱は、人類が神の秩序

      や自然の法則よりも、人間の法則や機械テクノロジーを優先させたことに直接

      関係している、と時間の法則は主張します。

      これは、人類全体が、12:60の周波数という誤った時間を生きた結果です。

      12:60の周波数とは、60分の時計で計られ、不規則なグレゴリオ暦の

      12ヶ月のサイクルのことです。

       

      人工的な時間で生きると、人類としても、個人としても、ほんとうの性質から

      切り離されてしまいます。いつも「時間がない」と感じるのです。

      12:60の周波数では time is money 時は金なりですが、

      13:20の周波数では time is art 時はアートなりです。

       

      自然計時周波数の13:20の比率は、260を単位とする調和的なマトリックス

      =ツォルキンにコード化されています。

      13:20の周波数は、私たちの体にも存在しています。13の関節と20の
      手足の指です。

       

      普遍的な(宇宙の)計時周波数による世界はすでに一つであると、時間の法則は

      認めています。

      人類だけが分離を選びました。そして、時間における分離によってそれが強め

      られました。

      機械時計とグレゴリオ暦の不規則な計時で生きることで、世界が一つになることが

      妨げられているのです。

       

      エネルギーを時間で因数分解するとアート(芸術)であると、時間の法則は

      述べています。

      この公式では、(E)エネルギーは、展開のプロセスにあるすべての現象です。

      (T)時間は、13:20の定数比に従って機能する現在の瞬間です。

      時間によって形作られるものは、すべてアート(芸術)です。

       

      T(E)=Art

       

       

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:13の月の暦

      | 13の月の暦(テキストメモ) | comments(0) | - | posted by MISA
      13の月の暦とウィナル暦 15:15
      0

        黄色い水晶の種の年。

        磁気の月2日。

        赤い宇宙の蛇。

         

        今年のカレンダーたち。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        そうはいっても、私は

        現実的に小学校のスケジュール管理はグレゴリオで。

        なんにせよ、無理しない。

        使いやすいように使っていったらいいと思います。

         

        大事なのは暦の目的。

         

        自然と調和して生きるのが13の月の暦なので、

        これを知っているか知らないかだけでも、だいぶ違います。

         

        暦でわくわくする。

         

        つまり毎日がわくわくなの!

         

         

         

        今日のサイ時間単位は昨日から3日間、

        赤い磁気の竜。

        今月、磁気の月も、

        赤い磁気の竜。

         

        小原さんのブログでその説明があります。  

         

         

        ( *´艸`)

        新しいことがはじまっているのです。

         

        あなたも、私も。

         

         

         

        黄色い水晶の種の紋章のマーク。

        あれは古代マヤのものではありません。

        ホゼがつくったツォルキンのものです。

         

        本来学びは、わくわくやドキドキがいっぱい!

        ここから先は学ばなくていいとか、

        これは知らなくていいとか、

        そんなことってないはず。

         

        不安も恐れもない。

         

        ただ世界が広がるだけ!

        世界は知識にあふれています!

         

         

         

        テレクトノンを動かすと、さらにその地図が広がります。

        時空を超えて、動くわたしたち。

         

        過去をあがない、星々を旅し、

        20の紋章をたどり、生きるのです。

         

        生まれた日の銀河の署名というものを持つ一方で、

        私たちの中にはすべての紋章が流れています。

         

         

         

        ウィナル暦では昨日から1.ボブ月。

        これは20日単位の暦。

        知者は

        という物語がついてきます。

        次の時間をはずした日まで18の月と19番目の5日があります。

         

        1ボブ

        知者は

        2ウォ

        沈黙の中で聞き

        3シブ

        宇宙を統合するために

        4ソツ

        知識に基づいて行動する

        5ツェク

        (その知識は)基礎に至り、そこで

        6シュル

        偉大な知恵とともに種が蒔かれる

        7ヤシュキン

        隠された太陽の小さな光輝は

        8モル

        断片のすべてを統一し

        9チェン

        内なる知恵の泉へと入り込み

        10ヤシュ

        そこでは学徒が思いを清め、

        いまだ熟成していないものに心をとどめ

        11サク

        疑問の雲を晴らし、みずからを高く持ち上げ

        12ケー

        習慣的な注意力を休め、白い光に到達し、

        13マク

        疑問の部分を閉じて、トランス状態に入り、

        14カンキン

        知者の光を受け取る

        15モアン

        暗闇の中をのぞきこみ

        16パシュ

        未来の音楽に触れ

        17カヤブ

        その歌とリズムは

        18クムフ

        聖なる食物が手に入る正しい場所にある

        19ワイエブ

        貴重な石を手に入れるために必要なすべてのもの

         

         

         

         

        マヤの暦をもとにしたホゼの暦には、いろいろなカウントがあるのです。

        20の紋章だけではなく、

        13の銀河の音、

        20日、

        28日、

        260日、

        365日、

         

        つまり、それだけいろいろな見方があるということです。

        思い込みの解放、

        違う視点で見ることで得る発見。

        時間に乗るということは、

        時間はつねに流れているということです。

        その方向は一つだけではないということ。

         

         

        誰もが学ぶことができます。

        だってカレンダーですもの。

        資格なんていらないのです。

         

         

        そして、

        ホゼはチャネリングでこの暦をつくったとはいえ、

        神でもなければただの人です。

        この暦が正しいとか間違っているとかではなく、

        私たちがどう使っていくかだと思います。

        もしかしたら私たちはホゼに遊ばれているのかもしれません。

        だったら私たちも真剣に遊び倒せばいい!

         

        学んだこの暦で惑星奉仕を果たす。

         

        そのための楽しい暦です。

         

         

         

        できることを淡々と続けていきましょう!

         

         

         

        今日もいつもありがとうございます。

         

         

         

         


         

         

        | 13の月の暦(テキストメモ) | comments(0) | - | posted by MISA
        新しい年〜黄色い水晶の種〜のはじまり 13:20
        0

          Happy New Yellow Crystal Seed Year!

           

          黄色い水晶の種 の年がはじまりました。

          磁気の月1日。

          KIN 64

          今日は黄色い水晶の種です。

           

          今年のカレンダーもフリーダウンロードできますよ!

          時間の法則財団→ (歴代のもあるよ!) (PDF)

           

           

          カレンダー以外に、ちゃんと説明もついています。

          全部英語です。(PDF)

           

          最初は表紙 (黄色い水晶の種)

          2ページ目は銀河の7方向への祈り。

          3ページ目はKIN64のキンの書。

                そして13の月の暦の読み方。

          4〜6ページ目は簡単な説明書き。

          7ページ目は5つのシンクロの鍵。

          8〜14ページは今年のカレンダーです。

          アメリカ版なので、ときどき新月や満月が日本とずれることがあります。

          15ページ目はこよみ屋さんの手帳にも載っている、

          20の紋章と13の銀河の音について。より詳しいイラストもあります。

          16〜17ページ目は銀河の署名の出し方の早見表。

          18ページ目は銀河の音のアファメーション

          19ページ目は20の紋章のアファメーション

          (こよみ屋さんの手帳の14〜15ページ)

          20ページ目はガイドキンの出し方。

          21ページ目はレインボーブリッジメディテーションのやり方。

          22ページ目はナチュラルマインドメディテーションのやり方。

                 今年のUSA版ダイアリーの宣伝。

          23ページ目はステファニーさんの本の宣伝。

          24ページ目はハーモニックモジュール(ツォルキン表)。

           

          すごい盛りだくさんなのにフリーでダウンロードできます。

          誰でも知ることができます。

          英語がわからない?

          じゃあ、わかる自分になろう!

          いいチャンスだよ。

          完璧じゃなくていい、

          わかりたい自分を育てよう!

           

          今年は種の年。

          開花!

          目指す!

           

          あなたの花を咲かせよう!

          今年も宇宙の波に乗っていこう!

          ( *´艸`)

           

           

          新しい1年、よろしくお願いいたします。

           

           

           

           

           

          偶然にも黄色いワンピースを着ているわたしより。

           

          \(*´▽`*)/

           

           

           

           

          | 13の月の暦(テキストメモ) | comments(0) | - | posted by MISA
          道筋を遊ぶ! 15:52
          0

            今の私の道筋。

            KIN86 白い銀河の世界の橋渡し。

             

             

            道筋って何?

             

            簡単に言えば、お誕生日の日にまわってきたKINナンバーのことです。

            私の誕生日、11月30日なのだけど、その日はKIN86でした。

            だから、次の誕生日までその流れにのっているということ。

            演じている、という方もいらっしゃいます。

            つまりは1年を通して私はKIN86のエネルギーとともにあるの。

             

            英語ではディスティニーキャッスル。

            運命の城。

             

            お城だから、こんな形。

            (画像は時間の法則財団からお借りしました。)

            13X4=52

            で、52年で自分のKINに戻ります。

            だから人生は、52歳になると、リターンジャーニーといい、

            また自分のKIN・銀河の署名からこのキャッスルを回り始めます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            私はKIN141 赤いスペクトルの竜なので、

            赤が11番目にある、

            始まりが青のウェイブスペルの11番目から人生が始まっています。

             

            このウェイブスペルはそれぞれ1〜13の数字が入ります。

            銀河の音と言われるものです。

             

            そして紋章は、

            色彩配列と呼ばれる地球家族の4つの紋章を繰り返します。

            私の赤い竜は「基本の地球家族」なので、

            赤い竜、

            白い世界の橋渡し、

            青い猿、

            黄色い戦士、

            が回り続けます。

             

            つまり、今いる私の道筋は

            KIN86 白い銀河の世界の橋渡し。

            音は銀河ですから8ですね。

            中央の緑の左側の青から始まるウェイブスペルの、

            8番目にいることになります。

            ということは、その始まりは青い猿。

            KIN131 青い磁気の猿です。

            次は

            KIN236 黄色い月の戦士

            次は

            KIN81 赤い電気の竜

            KIN186 白い自己存在の世界の橋渡し

            KIN31 青い倍音の猿

            とたどって、白い銀河の橋渡しにいるわけです。

            ということは。

             

            歳がばれますね(*´з`)

             

             

            そう。もうすぐ自分の紋章なんですもの!

             

             

             

             

            さて。

            ハーモニック・コンバージェンス(8月16日17日)に

            行くことになってうきうきしていたら、

            暦仲間が、その日は今年KIN86(8月17日)だと教えてくれて。

             

            ?あれ? 去年も確か、その日は道筋だったと思い出したの。

             

             

            そうしたら、ハーモニックの二日目、8月17日は、去年もやっぱり道筋だった。

             

            ということは〜?!

            暦仲間、その日は誕生日から260日後なんですよ!と。

            しかも彼女のお母さんのお誕生日が8月17日なのだそう。

            だからお母さんの道筋は、その日からKIN86が始まるのです!

             

            お母さんの誕生日の後105日が私の誕生日。

            ということは、私の誕生日の105日後は?

             

            3月15日、KIN191だった。

            それが私の次の誕生日からまわる道筋〜!!!

             

            ちなみにそれに105日を足すと、

            6月28日。KIN36はその次の道筋だ〜!

             

             

            4つの銀河の署名がその4つの日をくるくる回る感じだね。

            誕生日で入れ替わっていきながら。

            へーーー!

             

             

            つまり。

            52歳の誕生日、

            その翌年(○年後)のハーモニック・コンバージェンスは、

            KIN141、私の銀河の署名であり、私の道筋になる〜!

             

            ( *´艸`)

             

             

            そう。つまり道筋は、誕生日ごとまわってくるKINに

            105を足して流れていきます。

            260以上になったら、260を引きます。

             

            私の道筋も、105ずつ足した数ででてくるでしょう?

            音は1〜13、色は赤、白、青、黄、の順にまわります。

             

             

            運命の城に書き込んでみてください。

            自分の道筋が見えてきますよ!

             

             

            ジャーニーボードは260の紋章を並べたウェイブスペルなので、

            道筋とは違います。

            自分だけのディスティニーキャッスルをつくって遊んでみてね。

             

             

            うるう年2月29日生まれの方は、

            午前中生まれなら2月28日のKIN、

            午後生まれなら3月1日のKINが銀河の署名です。

            29日をKINとしてカウントしませんのでご注意を。

            ホゼ・アグエイアスがチャネリングでつくったこのツォルキンは、

            そんなふうに計算されています。

            ちょうど正午に生まれた方は?

            直感で!

             

             

            自分の道筋の日は、

            誰もがグレゴリオ暦でも13の月の暦でも、

            260日後になります。

            必ず毎年同じ日です。

             

            私はハーモニックの8月17日がその日!!!

            なんてご縁のある日なんでしょう!

             

            サイ時間単位は毎年同じKINが位置するので、

            8月17日はKIN241。

            小原さんのKINであり、私の去年の道筋!

             

             

            小原さんに出会って13の月の暦の道が開けた私。

            241は私にとって、深いナンバーだなぁ。

            小原さん、ありがとうございます。

             

             

             

            そして皆さんとの出会い。

            たくさんの出会いに感謝します。

             

             

             

            今日もいつもありがとうございます。

             

             

             

             

            はい、かたく真剣にならずに遊び倒してね!

            (*´▽`*)

             

             

             

             

             

            | 13の月の暦(テキストメモ) | comments(0) | - | posted by MISA
            ウェイブスペル 〜青いスペクトルの猿〜 13:00
            0

              今日はホゼ・アグエイアスのKIN、

              青いスペクトルの猿。

               

              今日のシンクロノトロン  

              (リンクは貼ってみたけど、見たその日の情報が表示されます。)

               

              今日のオラクルは私も登場。

              アンチポード(反対)キンは 赤いスペクトルの竜。

              太陽の紋章とウェイブスペルが反転しているの!

              反転 うふふ(´艸`*)

               

               

               

               

              ホゼの日なので、彼の著作を分かち合いたいと思います。

               

              ウェイブスペルについてThe Call of Pacal Votan より抜粋です。

              (Pan Japanライブラリーから)

              ホゼ・アグエイアス著

               

               

              ウェイブスペル

               

              ウェイブスペルは、標準的なフラクタル計測単位である。

              ウェイブスペルという用語で、

              「ウェイブ(波動)」とは運動の力のことを指し、

              「スペル(魔法)」とは人が現実と調和することによって獲得できる力

              を指している。したがって、ウェイブスペルを知り、それに乗ることは、

              四次元の時間と調和的に一体化することを通して増大する自律的な力を

              示すことである。

               

              ウェイブスペルは、13単位のフラクタル形態定数である。

              これらの13単位は、四次元的な13の音の宇宙論を表す。

              四次元的な宇宙論で、この13の構成単位は、それぞれ互いに切り離す

              こともできないし、単独に理解することもできない。

              単位が「音」と呼ばれるのは、四次元の現実の性質は、純粋に振動的で、

              スペクトル的で、重量を持たないからである。したがって、それぞれの音は、

              進行中の創造のプロセスを描写する個別の部分からなる宇宙的な連続を表す。

              13の位置のそれぞれが一キンの値を維持しているのに対して、それぞれの

              音の値は創造的な共振の力を表し、そのひとつ前の音、あるいはそれまでの

              すべての音の合計の上に、それぞれの力の構築物が乗っている。

               

              全体系のアプローチで、惑星レベルは、最小の全体系を表す。

              単位キンは、その軸の周りを回る惑星の自転を表わす。

              惑星の核から磁気圏に至るまでのすべての要素は、同じ軸を同時にかつ独立

              して回転しているために、1キンの値は、1自転によるその多重的な構成要素

              すべてにおける惑星全体系を含んでいる。これが理由で、最小限のキンの値は

              1昼夜(1日)であり、13キンのウェイブスペルの最小限の値は13日、

              地球がその軸のまわりを完全に13回自転する期間の値になる。フラクタル的

              な拡大により、1キンが28日に等しい場合、1ウェイブスペルは13の月、

              あるいは364(28x13)回の地球の自転となる。

              これはウェイブスペルに意識的に調律することを通して、自己反射的な惑星系

              の構成要素である精神圏が、止むことのない波動、すなわち13の音による

              四次元の宇宙論を再現することを意味している。ウェイブスペルが、再現的で

              再結合(組換え)可能な宇宙論として、また四次元の時間のコードによって

              もたらされる進化的な発展のための根源的なテンプレート(鋳型)だと言及

              されるのはこれが理由だ。ウェイブスペルをその全体において理解することは、

              認識論的な基礎と人間の知の分類を再構築することである。

               

               

              (*´艸`*) 

               

              マジックだからね、遊ばなきゃ!

              私たち、彼のマジックに遊ばれているのだから、

              遠慮なくこちらも遊び倒そう!

              そして、彼がすべて(神)ではないことも、知っておく。

              だって、暦は彼を教祖とするものではないのだから。

              彼は13の月の暦(ドリームスペル)をつくった構築者です。

              これほど面白い遊びをもらった私たちはみな時間旅行者!

              惑星奉仕の心をもって、遊び倒そう!

               

               

              ホゼのKIN11、

              時間の力学の260の基礎条件では

               

              11.11

              抑圧された精神エネルギーは、四次元の人格に活気と活力を授ける、その

              人格の潤滑剤である。変性人格の性質は、精神発生パターン化の独自性との

              関連における抑圧された精神エネルギーの性質によって決定される。

               

               

              変わりどころ、という感じの今日。

              積み重ねられた上にある今日なので、

              青い猿の基礎条件も1から読んでみてくださいね。

               

               

              Happy KIN11!

               

               

               

              今日もいつもありがとうございます。

               

               

               

              | 13の月の暦(テキストメモ) | comments(0) | - | posted by MISA
              時間の力学の260の基礎条件 13:20
              0

                先輩ユーザー 吉田さんのブログ 

                 

                今日はKIN259 青い水晶の嵐

                 

                今日の箇所は

                19:12(19:青い嵐)(12:銀河の音)

                 

                時間の法則により作動する時間の進化体の自己反射な自己制御は、

                来るべき進化のすべてが、

                聖なる計画の位相からはずれていきているという退歩がもはや不可能な、

                神聖で霊的な性質を持つものであることを確約する。

                 

                 

                ↑ここだけ取り出して読んでも???と思います。

                 1章から13章まであるので、読んでみてね。

                 

                 

                こうやって、その日の個所からインスピレーションを受けるもよし。

                ウェイブスペルで楽しむもよし。

                アーキタイプと組み合わせて味わうのもいいかも。

                今日の青い嵐 

                Worldchanger

                 

                スペクトルの月21日。

                快晴。43週の終わり。

                シリオ!

                変容の週の最後が嵐とは、粋な宇宙の計らい!

                あなたの世界を変えることができるのはあなた。

                つまり私もあなたもWorldchangerです。

                ( *´艸`)

                そして16.パシュの始まり。「未来の音楽に触れ」

                (これは20日単位の暦。)

                 

                そして明日から44週が始まる。

                熟成の1週間。

                260日の銀河スピンが明日で終わり、

                新しい銀河スピンがまわり始める。

                そんな週に迎えるふたご座新月。

                太陽と月が同じサビアン!

                ふたご座5度

                「革命的な雑誌が行動を呼びかける」

                 

                わたしたち、昨日までの自分でいられないんだ。

                魂は進化したいと願っているから。

                心も体も一致してそれを願う新月になりそうですね。

                 

                 

                それまでに、今日、手放せるものは手放そう!

                 

                 

                 

                今日もいつもありがとうございます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | 13の月の暦(テキストメモ) | comments(0) | - | posted by MISA
                << | 2/5 | >>